ざっくり書いていく

気になったニュース・商品のレビュー・ゲーム動画・所持品など適当に書いていきます

EpgDataCap_Bon(EDCB)でスカパー!(旧:スカパー!e2)を録画して、TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4でカット編集をした際につなぎ目がブロックノイズだらけになってしまうことがあります。
ブロックノイズ
発生するファイル:スカパー!で録画したSD放送
(HD放送は大丈夫です)

原因:
スカパー!SD放送のtsファイルの最大ビットレートが実際のファイルは平均6Mbps、最大9Mbps位なのに、なぜかヘッダー情報に書かれている最大ビットレートが2Mbpsの為、TMSR4がつなぎ目部分を最大2Mbpsでエンコードするために発生します。

ちなみにTMSR4は「2012.10.11 / 製品版 Ver.4.0.7.28」にて
「(可能な場合)ソースファイルのヘッダ情報以外からビットレート情報を取得し、更に適切なスマートレンダリング処理がされるよう改善しました。」
TMSR4
<修正されたファイルはこのように表示されます>
改善されたで大抵は自動的に判定されて、適切な最大ビットレートが指定されますが「可能な場合」なのでそのまま2Mbpsになってしまうことがあります。

そこでtsファイルのヘッダーを強制的に書き換える必要があります。

解消方法:
まず、EDCBにて録画モードを「指定サービス」で録画します。

有志の方が作成されたModBitrate4CSをダウンロードします。
(新しいファイルを作成せずに直接ファイルを書き換えるModBitrate4CS改を使用した方が便利です。)

手動で書き換える場合は、ModBitrate4CS.exeにts ファイルをD&Dするとヘッダーが書きかえられます。
続きを読む

ADSLの速度変更(50M→12Mプラン)が完了してしばらくたったので再計測してみました。

12Mでの結果
3403090882
回線:eAccess ADSL-direct タイプ1 12M プラン
ラインモード(自動設定):G.dmt AnnexC
線路距離長(計算値):1950m
伝達損失(計算値):42dB
有線LAN接続

以前の50Mだったときの結果
3367049252

当たり前ですが、ラインモードがG.dmt AnnexCと以前から変わっていないのでほとんど誤差程度の差しかありません。
なので、 12Mでしかリンクしていない人はさっさと速度変更をしてしまいましょう。

Splashtopのサーバーソフトであるstreamerがアップデートしました。
Splashtop streamer 2.5.5.4
Splashtop streamer 2554

以前からNVIDIA GeForceには最適化されていましたが
このバージョンからAMD Radeonにも最適化された模様です。
(ロゴが表示されるようになりました)

AndroidであるNexus 7(2013)からとiosのiPad3からアクセスしてみましたが動画のカクツキ感などが減ったように感じられました。

Nexus7接続時にデバイスの接続音がし、汎用PnPモニターが出るようになりました。
モニター
これにより、安定化・高速化を図っているのかな?
ただ、今現在はiPadから接続した際は使用されません。 
追記:1024x768以外の解像度で接続されるとデバイスが追加されるようになりました。 

ADSLが無事開通しましたので、速度を測定してみました。
3367049252
回線:eAccess ADSL-direct タイプ1 50M プラン
線路距離長(計算値):1950m
伝達損失(計算値):42dB
ラインモード(自動設定):G.dmt AnnexC
有線LAN接続

au光の工事の際に既設の電話線を張り替えたのと、モジュラージャックを新しくしたのが効いたのか前契約したときよりも早くなりました。
前回の結果はこちら
WiMAXの結果はこちら

ただ、無線通信であるWiMAXに比べても大幅に遅くなってしまいました。
ただし、pingがとても速いので通常のブラウジングには不満はありません。
ダウンロードはYouTube 1080pやhuluの高画質は問題ありませんが、やはり遅いですね。 
Steamでゲームを落とすのには苦労しそうです。 

やはり料金とはトレードオフですね。そんなに不満で無かったのでこのまましばらくいきます。
ただ、50Mプランですが12Mでしかリンクしていないので不要ですね。
ものは試しと50Mにしましたがやはり無理でした。
回線速度変更工事完了次第再び速度を測定したいと思います。 続きを読む

光からADSLに移行するにあたって空白の期間が出てしまうのでTryWiMaxに申し込んでみました。
今回は固定の置換えが目的ですので、URoad-Homeをレンタルしてみました。

で、速度を測定したのですが驚きの結果が・・・

3346566197
平日の昼間のお昼ごろです。住宅街なので空いていると思われますが
はやい・・・pingもそんなに悪くない・・・

いっそWiMAXで良かったかもと思えてしまう数字です。
WM3600Rの時はこんな数字は出ませんでした。恐るべき固定用端末。 

2012年3月30日にauひかりに回線を切り替えましたがちょうど2年が経過し、工事費の支払いも終わり更新月なのでプロバイダーを変更しようと思いました。(契約した当時は工事分割が24ヶ月でした。今は解約させないために30ヶ月です)

フレッツ光に変えようと計画していたのですが、キャンペーンが1月で終了し割高なので却下しました。
なので、au光でプロバイダーだけを変更すればOKと考えていたのですが、このサービスはプロバイダーだけの乗り換えは不可能なことが判明しました。
しかも、電話番号が一度NTTに回線を戻さないと引き継げないことが判明!!
なので、一度ADSLに戻してみることにしました。
遅くて不満が出たので、ものは試して50Mプランに契約してみることに・・・
(あとで速度は落とせるので大丈夫です。) 

WiMAXも検討したのですが、キャンペーンが充実しているので安いですが
pingが遅い・やはり安定性が悪いので却下しました。
続きを読む

ジブリのもののけ姫をレンタルしました。
BDになったことで画質・音質ともに著しく向上しています。
たたりがみのきもいこと

もののけ姫といったらこのシーンと言うことで貼っておきます。
黙れ小僧!
黙れ小僧!!

NEC MultiSync LCD2490WUXiだけではもったいないのでAcer Aspier 5741もキャリブレーションしてみました。
ただ、これはハードウェアキャリブレーションには対応していないので、i1Profilerを使ってのソフトウェアキャリブレーションを行いました。

以前はColorMunki Displayの付属ソフトで調整していました。
機能は殆ど変わりませんが、詳細にデーターが表示されるようになりました。(精度もUp?)
でAcer Aspier 5741に使っているLG LP156WH2のガンマ補正カーブの結果です。 
Acer 5741 ディスプレイ ガンマ補正カーブ
ひどすぎる・・・どこも線が重ならない・・・ 
一応かなり頑張って補正はされているようですが、NECの液晶と比べるとひどいものです。
トーンジャンプ以前に黒が全く出ない。赤も弱いでダメダメです。
キャリブレーション中に初期状態(無補正)に一瞬戻るのですが真っ青ですね。 久しぶりに見るとひどいものです。せめて出荷時にもう少し赤くなるプロファイルを適用すればいいにと思ってしまいます。

個人的に好きな映画のヒックとドラゴン(今年続編やる)のテレビアニメ版の壁紙で比較するとよくわかります。(なくなると嫌なので転載)
HTTYD:ROB_10801920x1080
HTTYD:ROB_12001920x1200

 ドラゴンたちの色は褪せるわ、トゥースレスの階調が潰れるわでひどいことになります。

以前からColorMunki Displayを持っていてNECのディスプレイをキャリブレーションしていましたが、一向にこのセンサーにSpectraView 兇対応しない(する気がない)のでi1Display Proを買いました。



見ての通りセンサー部は同じです。ただ、内蔵のソフト?が違うようで認識する名前が違うのでSpectraViewが認識しません。

これでハードウェアキャリブレーションを行えるようになりソフトウェアと比べましたが
MultiSync LCD2490WUXiはさすがに初期の調整が良いようでそんなには変化ありませんでした。
(ほとんどガンマ補正カーブのRGBが重なっていて狂っていません) 
ただ、やるとキリッと色が揃っていい感じです。 

このページのトップヘ