久しぶりに映画を見に行きました。
以前からみようと思っていた「アバター」を観に行きました。
もちろん3Dの方でみました。

内容
かなり物語の王道をいっています。恋愛あり戦闘ありSFありでみるものを飽きさせません。
パンドラの生物も個人的には全然OK。は虫類・恐竜関連の番組が嫌いでないなら楽しめます。

3D
みた映画館は液晶シャッター式のメガネを採用しているところでした。
どうやらスクリーンからでる赤外線か何かでメガネと同期している模様。受光部らしきところを遮ると機能しなくなります。

メガネが少し重たいのではじめは気になります。1時間くらいみているとだんだん慣れてきて物語を楽しめます。前に出るような効果よりも奥行き感がすごくいいです。森林に着陸するシーンや追われるシーンで感動します。
逆にデメリットもあります。それは字幕が見にくい点です。視界深度がかなりあるので字幕は浮いているように見えます。浮き出しているのではないので見にくくはないのですがピント合わせが大変です。吹き替え版の方がおすすめです。
それとメガネを通すと一段色が落ちて暗くなり鮮やかさが無くなります。
偏光板を通すので仕方ないとは思うのですがこの点は減点です。

だからアバターは生物の色が派手だったのかと劇場でみて納得しました。
あと、3Dを意識したカメラアングルが多い気がする。普通に撮ったシーンの方が個人的には好きだったです。

後、この映画は3Dでみないと魅力が半減するので必ず3Dでみましょう。また、高精細でないとおもしろくないのでDVDは絶対NGです。

というわけでなんだかんだ楽しめました。必ず劇場でみることが大切な作品です。劇場の大画面。音響設備でみましょう。

ただ、もしもBlu-ray版が出てきたらレンタルすると思います。
あの生物をもう一回じっくり見てみたいです。