2011年8月に購入したHDDが故障しました。
IMG_0474
WesternDigital WD20EARXです。 
発病した症状はというと「低速病」です。自分が当たるとは思ってもいませんでした。
http://miyalog.blog.so-net.ne.jp/2010-02-02_WD_CavierGreen_FW
普通に使用していつも通りファイルをこのHDにコピーしようとしたところ400MBのファイルのコピーかなかなか終わらない。HDDアクセスランプも点滅ではなく点灯したまま。最初はファイルが極度に断片化しているのかと思い、ほかのファイルも試してみたが状況は変わらず。再起動を試すと、今度はWindowsのロゴでフリーズしました。しかし、BIOSからは認識しています。でも、このHDDを取り外したところ何事もなかったかのように起動します。
直そうとパーティションを切ってみたり電源の入りきりを繰り返したりしましたが改善しませんでした。
IMG_0472

一度はあきらめましたが、ひらめいたのでUbuntuを使ってOSを変えてみました。
WindowsはこのHDDを接続すると起動しないので 、試しにUbuntuをCDブートしてみると一応起動したので反応がかなり遅いながらも何とかこのHDDをマウントして別のHDDにデーターをコピーできました。
そのときの画像がこちら
IMG_0473
はい。4MB/s位しか出ていません。

おそらくこの超低速状態で読み込みに時間がかかり、フリーズしてWindowsは起動しないのでしょう。

3年間の保証期間があるので交換依頼(RMA)をしてみることにしてみました。
IMG_0475
ただ、発送先がマレーシアっていうのはいただけません。 行きの送料は自己負担です。

何かと問題のあるWD Greenは恐ろしくて使ってられません。CrystalDiskInfoで時々S.M.A.R.Tを見ていましたが異常な点はありませんでした。突然それは起きたのです。
RMAから帰ってきても倉庫送りにしようと思います。
違うメーカーで代替品を探さなければ・・・