Windows8の期間限定優待価格での販売が1月31日に終了し、2万円越えになります。
ただ、Windows8はUIの変更点が大きくマウスでは使いにくいのも事実です。
ではどういう人が買うべきなのでしょうか?考えてみました。

1.Windows XPの人
この10年以上前のOSは完成度が高く、まだ使っておられる方も多いはず。
ただ、このOSはサポートが2014年04月08日で完全に終了します。それ以降はアップデートが提供されないので、インターネットには危険で接続できません。
なので、アップデートを推奨します。ただし、PCの性能的に劣るのでそろそろ新しいPCに買い換えた方がいいです。(昔よりも本体の値段がかなり下がっており、性能アップしも消費電力も減らせます。)

2.Windows Vistaの人
このマイクロソフトの黒歴史OSを使っている方は、アップデートしてしまいましょう。
起動時間やその他にかかる時間を大幅に減らせ、同じPCでも早く感じます。安いので今のうちにどうぞ!
ただ、操作法は変わるのでがんばってなれてください。 

3.Windows 7の人
このOSも完成度が高いので、新しものが好きな人以外は アップデートしなくてもよいです。
むしろ、使いにくくなるのでおすすめしません。次のOSに期待しましょう。