高級コンパクトデジカメがリコーから発表されました。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090727_305238.html
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0907/27/news078.html

外観は変えなかった:中身は大きく変わった新“GRD”——F1.9レンズ搭載の「GR DIGITAL III」 - ITmedia +D LifeStyle via kwout

F1.9の明るいレンズを搭載して、今までの高画素化路線を廃止。高感度性能を上げようとしたものです。レンズが明るいので多少暗くてもISOをあげなくてすみそうです。またセンサーが小さいので明るいレンズでも紙ピンにならないでしょう。

ただ問題は値段。これが4万円程度に下がってくればかなり売れることでしょう。この値段だとマイクロフォサーズのデジ一を買えそうです。こちらの方がセンサーがでかいので画質もいいはずです。

さらにソニーから出ると予想される「裏面」CMOSを搭載したコンパクトをみてからにした方がいいかもしれません。

個人的にはキャノンのEOS Kiss X6ぐらいで裏面CMOS、1200万画素、ISO6400(緊急用?常用できたらなおいい)、sRAWを搭載したものが出れば買いですね。

明るいコンデジはぼけすぎないのが魅力。暗いズームばかりでなくこういうものを普及価格帯で出してもらいたいですね。